求められている能力|聞いて英語を覚えよう【貿易事務の仕事をするためのスキル】

貿易事務の大変なところ【英語ができるのは当たり前】

難しい仕事

貿易事務として働いたら、英語を使い話をする機会が増えていきます。しかし、必要なのは英語力だけではないというところがこの仕事のまず難しい所といえるでしょう。しかし、難しいからこそやりがいも見いだせます。

求められている能力

レディ

貿易事務職に求められること

貿易事務職で求められることは様々です。英語は当然必要とされていますが、その他にも基礎的なビジネススキルも必要になります。また、コミュニケーションスキルも重要なスキルと認識されているのです。
コミュニケーションスキルは海外のクライアントとやり取りをする際や交渉をする際に必要になるスキルであるため、重要視されているのです。

必要とされる能力

職種にもよりますが、納期の調整や予約の問い合わせ、商品を受注するなど様々な業務をこなさなければいけません。この際に喋る言語は英語である場合が高いので、物怖じせずに相手とコミュニケーションががとれる力が必要になります。
他にも違う国とのやり取りであるため、日本とは繁忙期も異なることもあるだけでなく、時間差もあります。貿易事務はこのような状況にも柔軟に対応する力も求められる仕事なのです。

なんだかんだ資格は大事

すでにご存知の通り、必須科目は英語となっています。相手と英会話をするスキルも必要ですが、書類を読み解く読解力も必要です。そのため読解力に自信がある人は向いているでしょう。
知識を多く持っていることは大切なのですが、採用に一番有利になるのは資格を持っていることです。貿易実務検定を持っていると採用される可能性がぐんと上がります。

実際に働くと分かること

働く前には大まかにどのような感じで仕事をするのかイメージすることでしょう。いわれなくても経験から理解している人がほとんどだと思いますが、想定しイメージしたことと実際に起きる出来事はマッチしないものです。いざ外国人と仕事をするとなると、向こうの仕事のやり方が独特過ぎて理解できないなんて経験をした貿易事務職の人もいます。
イメージすることや想定することは何も悪いことではありません。ただ、そのイメージや想定と違いすぎたからといって弱気になるのは良いこととはいえないので、その点だけ理解した上で実戦経験を積んでカバーするように頑張りましょう。

貿易事務として働いた人たちの口コミ

想像以上に厳しい仕事でした

しっかりとぬかりなく調整したつもりのスケジュールが相手の国の情勢が原因で大きく狂ったことがあります。日本では到底考えられないようなことが向こうでは起きるという現実を軽く認識してた程度だったのですが、自分も間接的に関わってみて初めて実感できました。
この仕事の厳しい所の1つとして想定外が多過ぎるというものがあると思います。

先方とのやり取りがシビア

文化の違いや言語の違いは大きな壁となります。これは実際に先方と英語でのやり取りをしていて思ったことです。言葉のニュアンスなど注意しながら会話をしますが、誤解させるこがあります。
自分も母国語でない英語でクライアントと喋るので、日本語で喋るよりも意思疎通が難しいです。日本語でも十分な意思疎通はできないので、難しい仕事だなと思います。しかし、やりがいがあるのは間違いないので今後もずっと続けていけそうです。