貿易事務の仕事|聞いて英語を覚えよう【貿易事務の仕事をするためのスキル】

自分のキャリアアップを考えて貿易事務を目指そう【英語は必須】

貿易事務の仕事

ウーマン

キャリアアップを狙うなら

貿易事務をやってみたいと考える人も多いことでしょう。この貿易事務は専門性の高いものであり、通常の事務職と比べると難しい仕事といえます。現在普通の事務員をしている人で、さらにキャリアアップしたいという人は貿易事務を目指すことをおすすめします。

業種によって業務が変わる

商社やメーカーなどで貿易事務として働くことができます。他にもいくつかあるのですが、その業種によって貿易事務の業務内容は変化します。自分が携わってみたいという業種や憧れている業種をまず洗い出し、その後にどの業種で貿易事務として働くか決めると良いでしょう。

通関業者

通関業者は仲介業者という認識を持っていおいて間違いないでしょう。基本的には輸出入貨物に関する書類作成をする業務を任せてもらうことができます。この輸出入貨物は商社やメーカーが依頼したものを扱いそれに関する業務を行なうため、仕事内容は書類作成だけにとどまりません。

商社やメーカー

商社やメーカーで貿易事務を行なう場合は、基本的に海外の企業と交渉することになります。つまり、日本語が通じないことが多いということです。基本的に身につけておかなければいけないのが英語となっています。英語力を磨けるのでスキルアップが見込めます。

英語は必須

貿易事務では英語のスキルが必須となります。そのため、通常の事務職と比べると難しいことが多いです。特に、英語のでの書類作成や英語での交渉です。この2つは英語を完全に身につけていなければ厳しい業務となるでしょう。

貿易事務を目指す人へのアンサー

未経験者でもできますか

未経験者でも挑戦することは十分可能です。しかし、そのために英語力が必ず必要になってきます。他にも事務処理に必要なスキルとして、エクセルやワードが使えるというのも大切なポイントです。これらのスキルがあれば採用してもらえる可能性も高くなります。

英語力はどうやって示せばいいですか

英語力の示し方として最もいい方法は、TOEICテストや英語検定という資格などを見せるのが一番いい方法です。これらは客観的に判断するためにはなくてはならないものなのです。もし英語が少し喋れるくらいであっても、十分な証明にはならないので気をつけましょう。